トピックス

トピックス一覧をみる

NCCU第24回定期大会を開催 新執行部を選出しました

2022年10月12日掲載

新執行部のもと、2023年度の活動をスタート

10月8日、NCCUは第24回定期大会を開催しました。
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一昨年、昨年の定期大会と同様、組合非専従の代議員と役員(中央執行委員、会計監査)はZoomによるリモートで出席。ホスト会場のNCCU本部会議室(東京都港区)には、会長をはじめとする専従役員と本部事務局員のみ集まりました。
また、改選における直接無記名投票は電子媒体を利用し、議案に対する質疑・採決もZoomの機能を利用して行いました。

【出席者】代議員96名(リモート参加90名)<招集106名> 役員22名(リモート参加11名)<招集22名>、傍聴者など
【議長】友村 悠人(南関東総支部)、熊倉 望(東北・北関東総支部)
【来賓】古川大UAゼンセン書記長、山井和則衆議院議員、川合孝典参議院議員(ウェブ)、田村まみ参議院議員(ウェブ)、柚木道義衆議院議員(ウェブ)、森本真治参議院議員(ウェブ)

■第1号議案 「2023年度活動方針」
■第2号議案 「2023年度予算」
■第3号議案 「役員の改選」
■第4号議案 「『第24回定期大会の新型コロナウイルス感染症流行下における直接無記名投票の実施方法に関する応急措置規定』の制定」
■第5号議案 「特任中央執行委員の選出」
■第6号議案 「参与の選出」
■第7号議案 「顧問の選出」
■第8号議案 「退任役員への感謝決議」

一昨年より続くコロナ禍の中、まず、執行部は第4号議案として「『第24回定期大会の新型コロナウイルス感染症流行下における直接無記名投票の実施方法に関する応急措置規定』の制定」を提出。
役員選挙を行うにあたり、電子媒体を用いて10月1日から10月6日までの期間で直接無記名投票を行った上で、第4号議案をもってその事後承認を求めること等を提案しました。第4号議案は可決され、電子媒体を用いた事前投票の開票結果は、第3号議案で臨時投票管理委員長により報告されました。
第1号議案「2023年度活動方針」をはじめ、「2023年度予算」など全8議案はすべて満場一致により可決。役員改選を経て、会長に染川朗氏(再任)、副会長に村上久美子氏(再任)、事務局長に島卓氏(再任)を選出しました。

イメージ

再任された染川朗会長は次のようにあいさつしました。
「全ての役員を代表し、信任いただいたことに改めて感謝を申し上げたい。今日がスタートになりますので、皆さんと決定した活動方針をしっかりと実現できるよう力を合わせて全力で取り組んでまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます」。

感染防止のため組合歌斉唱やガンバロー三唱などを行うことはできませんでしたが、第24回定期大会はほぼ定刻通りに閉会し、新執行部のもと、NCCUの2023年度の活動がスタートしました。

イメージ

再任された染川会長挨拶

イメージ

<6名のご来賓>
上段 古川大UAゼンセン書記長、山井和則衆議院議員は会場でご挨拶をいただきました
下段 川合孝典参議院議員、田村まみ参議院議員、柚木道義衆議院議員、森本真治参議院議員にはリモートでご挨拶をいただきました

大会翌日、交渉推進セミナーを開催
定期大会翌日の9日にはNCCU本部で「交渉推進セミナー」を開催。交渉に臨む分会役員、組織強化・教育担当などが出席し、「秋季労働条件整備活動」「冬期一時金」「年末年始就業対策」について交渉を進める際のポイントなどについて、あらためて確認しました。

イメージ

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.