トピックス

トピックス一覧をみる

NCCU第23回定期大会を開催しました

2021年10月13日掲載

スローガン ~NCCU運動でつくろう! 日本の介護「夢・希望・未来」~

10月9日、NCCUは第23回定期大会を開催しました。今大会も昨年と同様、新型コロナウイルス感染防止の観点からZoomによるリモート開催とし、ホスト会場をNCCU会議室(東京都港区)に設置。組合非専従の代議員と役員(中央執行委員・会計監査)はZoomを通じて出席し、議案に対する質疑・採決もZoomの機能を利用して行いました。

【出席者】代議員93名(リモート87名)<招集105名>、役員21名(リモート11名)<招集23名>、傍聴者など
【議長団】太田敏則(北海道総支部)、加藤寛(南関東総支部)
【来賓】古川大UAゼンセン書記長、川合たかのり参議院議員(リモート)、田村まみ参議院議員(リモート)、山井和則衆議院議員(リモート)、柚木道義衆議院議員(リモート)、森本真治参議院議員(リモート)

■第1号議案 2022年度活動方針 (7つの意見を付して満場一致で可決)
■第2号議案 2022年度予算 (満場一致で可決)
■第3号議案 特別会計「大規模災害対応基金」の設置 (満場一致で可決)
■第4号議案 第26回参議院議員選挙必勝決議 (満場の拍手で可決)

イメージ

染川朗会長は挨拶の冒頭で、NCCU結成時に多大なるご尽力をいただいた二宮誠氏(UAゼンセン)と元NCCU政治顧問の三井わき雄先生(第15代厚生労働大臣)がご逝去されたことに触れ、参加者一同、お二方のご冥福をお祈りし、黙祷を捧げました。
つづいて染川会長は、この一年の振り返りとして『介護報酬改定に向けた50万人署名活動』や新型コロナウイルス感染症への対応などを挙げ、いずれも組合員や総支部・支部の協力により一定の成果が得られたことを報告。ただし介護報酬改定の結果については、「本来であれば、最低でも10%、将来的には20%の基本報酬のプラス改定をし、介護従事者の処遇を他産業と遜色のない水準としなければ、思いがあって仕事を続けている人たちだけでは介護保険制度を支えきれなくなる」と懸念を示しました。

イメージ

染川会長挨拶

さらに染川会長は、岸田文雄総理が就任会見で述べた「介護士等の所得向上に向け、公的価格のあり方の抜本的見直しを行う」との発言について、「財源確保や実施時期はこれから検討するというのが実情だ。介護福祉士以外の介護従事者の賃金改善が進められるのかも不透明で、資格をもたない介護従事者が置き去りにされることも懸念され、決して楽観視はできない」と指摘。「私たちはNCCU政治顧問とUAゼンセン組織内議員を引き続き国会に送り出し、次の法改正・報酬改定を待たずに新たな処遇改善策を講じるよう、国や行政に働きかけていかなければならない」と述べました。
(◆染川会長あいさつ全文は、本ページ下のPDFでご覧になれます)

今大会には、上部団体UAゼンセンの古川書記長をはじめ、UAゼンセン組織内議員、NCCU政治顧問がご臨席くださいました。
中でも、第4号議案『第26回参議院議員選挙必勝決議』の可決を受けて挨拶した川合たかのり参議院議員は、介護業界の課題解決に意欲を示し、次のように決意を述べました。
「来年7月の参院選に向けた必勝のご決議をいただき、本当にありがとうございます。コロナ禍の大変な状況の中で、NCCUの皆様が仕事や組合活動に向き合っていらっしゃることを承知した上で、今回の決議を頂戴したことを重く受け止めております。介護の仕事に従事していらっしゃる皆様の声を引き続き国政にしっかりと届け、政策の結果に反映させることができるよう、全力で取り組むことを、改めてこの場でお誓い申し上げます」。
川合たかのり参議院議員の熱意ある言葉を受け、参加者は満場の拍手で応えました。

執行部提案による4議案はすべて可決。感染防止のため組合歌斉唱やガンバロー三唱などを行うことはできませんでしたが、ウィズコロナ時代の組合活動を視野に入れた意見が複数出されるなど、活発な議論を経て、2022年度の活動がスタートしました。

イメージ

6名のご来賓より祝辞をいただきました。
上段 左から、古川大UAゼンセン書記長、田村まみ参議院議員、山井和則衆議院議員、柚木道義衆議院議員、森本真治参議院議員
下段 川合たかのり参議院議員、 (田村、山井、柚木、森本、川合議員はリモートでのご挨拶をいただきました)

大会終了後、交渉推進セミナーを開催
定期大会終了後、同じくNCCU会議室をホスト会場として「交渉推進セミナー」をリモート開催しました。各法人との交渉に臨む分会役員、組織強化・教育担当などが出席し、「2022秋季労働条件整備」「2021冬期一時金」「年末年始就業対策」の交渉を進める際の要求内容や交渉ポイントなどを、あらためて確認。組合員の労働条件改善に向けた分会活動も始まりました。

イメージ

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.