トピックス詳細

トピックス一覧をみる

クリスタルグループ約2100人(2/1現在)がNCCUの仲間に

2007年2月5日掲載

~クリスタル介護分会・ケアファースト分会 合同躍進大会~

 2007年2月3日、東京・新宿において、クリスタル介護分会とケアファースト分会の合同躍進大会が開催され、全国から33人の組合員が参加しました。
 2つの分会は、クリスタルグループの(株)クリスタル介護センター(本社・東京、全国に194拠点)と(株)クリスタル介護施設センター(滋賀県彦根市で有料老人ホーム「ケアファースト彦根」を運営)で働く仲間が、2006年12月に分会を結成し、これまで加入活動を続けてきました。

イメージ

 躍進大会は定刻15時に開会。冒頭、NCCU河原会長から「労働組合の目的は良い会社をつくること。一緒に頑張りましょう」とあいさつがあり、また、来賓の落合UIゼンセン同盟会長、㈱クリスタルの嶋岡社長、㈱クリスタル介護センターおよび㈱クリスタル介護施設センターの森社長、コムスン分会の眞下分会長より、それぞれお祝いのメッセージを頂戴しました。
 その後、クリスタル介護分会の分会長に渡辺基さんが、ケアファースト分会の分会長には植田政幸さんが任命され、NCCU河原会長から任命状を受け取りました。渡辺分会長(クリスタル介護)からは「組合員の日頃の思いを活動につなげたい」と、植田分会長(ケアファースト)からは「労働条件の向上で、働きやすい環境にしていきたい」と決意が述べられ、分会の活動方針を出席者全員で確認しました。
最後に、両分会長の音頭によるガンバロウ三唱。さらなる躍進を誓い合い、16時半に閉会しました。

イメージ

祝辞を述べられる
嶋岡社長(上)と
森社長(下)

イメージ

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.