NCCUのとりくみ 詳細

NCCUのとりくみ一覧をみる

『新型コロナウイルスに関する緊急アンケート』中間報告

2020年3月3日掲載

介護現場に衛生用品の供給を! 高齢者の相談・受診の目安は再考を!
早急な改善が図られるよう、NCCUは関係議員等を通じて国・自治体に働きかけています。


日本介護クラフトユニオン(NCCU)は、新型コロナウイルスの国内感染の拡大が懸念される状況を受け、組合員の勤務する全国4,043の介護事業所を対象に2月28日から3月4日まで緊急アンケートを実施しています。
3月1日14:00時点で、1,117事業所から回答が寄せられており、中間集計の結果、介護事業所として日常的な衛生用品(マスク、消毒液、使い捨て手袋等)が入手困難な状況であり、既に不足している事業所もあることが明らかになりました。
NCCUは、この切迫した状況は一刻も早く改善されなければならないと考え、現在実施中のアンケートの「中間報告」をとりまとめ、3月2日、報道機関向けに公表いたしました。
また既に、関係議員を通じて、国・自治体に対しても早急な改善具体策を図るよう働きかけているところです。

■調査名 : 新型コロナウイルスに関する緊急アンケート』
■期 間 : 2020年2月28日(金)午後~3月4(水)終日 
■対 象 : 日本介護クラフトユニオンの組合員が働く全国4,043の介護事業所
■調査方法: 上記事業所あてに一斉FAX。管理者等が記入し、FAXにて回答。
※中間集計の詳細は、本ページ下部の報道機関向けプレスリリース(PDF)をご参照ください。

イメージ

中間集計の結果、マスクなどの衛生用品が「そろっていない」という事業所が34.1%、「そろっているが余裕がない」事業所は62.7%にのぼることがわかりました。
また、マスクの在庫については「すでにない」が全体の18.8%、訪問介護事業所においては27.8%が在庫がない結果でした。

【NCCUの見解】
この中間集計の結果から、介護現場では現在、介護サービス事業所としてこれまで日常的に行ってきた感染対策さえ困難な事態となっていることが明らかになりました。
厚生労働省は、都道府県に向けた2月21日付事務連絡(介護保険最新情報Vol.766)で「管内高齢者施設等での各種衛生用品の不足状況を把握すること」「不足している衛生用品のうち、介護保険担当部局で備蓄しているものについては、不足する高齢者施設等への優先的に放出を検討すること」と指示しています。しかし、いまだに調査を受けていないと回答する事業所が多数あり、介護現場の状況把握すら進んでいないのが現状です。
NCCUは、医療・介護・福祉等の現場に優先的に必要な衛生用品が行き届くよう、政府が衛生用品の流通先についても管理すべきと考えます。
また厚生労働省は、高齢者への対応について2月24日付事務連絡(介護保険最新情報Vol.768)で「37.5度以上の発熱または呼吸器症状が2日以上続いた場合」に指示を受けること、としていますが、この内容が現場に不安を広げています。介護を必要とする高齢者と元気高齢者とでは体力や抵抗力に差があることは容易に推察できます。政府は単に「高齢者や基礎疾患のある人」と一括りにした対応方針を示すだけでなく、きめ細かで適切な方針を示すべきだと考えます。
NCCUは関係議員等を通じて、早急にこの状況が改善されるよう、国をはじめ自治体に対しても働きかけていきます。

本件に関するお問い合わせ
【平日9:00~17:15】03-5730-9381(政策部門)

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.