トピックス

トピックス一覧をみる

震災に関わるNCCU共済見舞金の申請期限がさらに延長になりました(2011年12月31日まで)

2011年9月6日掲載

~2011年12月31日まで申請を受け付けます(書類がNCCUへ必着)~

NCCUでは東日本大震災で被災に遭われた組合員の方から共済の申請を受け付けておりましたが、行政等の混乱で「罹災証明書」の発行が遅れたり、家屋の修理の見積もりができない等の状況も発生しています。
これまで、通常の申請期間90日を180日(9月6日まで)に延長して対応してきましたが、さらに年内いっぱいまで延長し申請を受け付けることにしました。

NCCU共済の基本対応は、以下の内容となりますのでご確認下さい。

1.今回の震災で、給付の対象となる共済 
【住宅被災】
住宅被災にあわれた方への見舞い金です。住宅被災の給付対象は組合員が居住する住宅と、単身赴任中の残された家族が居住する住宅です。
(寮や単身者の住居は含みますが、単身者の実家は含みません。塀、物置、倉庫なども給付の対象外となります)

【病気やケガによる連続30日以上の休業】
今回の震災によるケガや病気で、会社を連続して30日以上休業した方への見舞金です。
ただし、避難等による休業は対象外となります。

【死亡見舞金】
組合員本人やその配偶者、同居の家族などに万が一の事があった場合の見舞金です。
対象は下記の方が亡くなった場合となります。
(1)組合員本人
(2)配偶者
(3)一親等の血族(父母・子)
(4)同居の二親等血族(兄弟姉妹・祖父母・孫)
(5)同居の配偶者の父母

2.今回の震災で、給付対象外となる共済
(1)ケガでの入院・通院
(2)携行品見舞金
(3)損害賠償見舞金
(4)家財盗難見舞金
以上の4点は、委託会社との契約上、給付できません。ご了承下さい。

3.申請期限ならびに、添付書類について
~申請期限を2011年12月31日まで延長します~
通常の共済申請は、90日以内にNCCUへ書類が到着することがルールですが、今回は、「激甚災害」ですので、特別に年内(12月31日)の申請(書類がNCCUへ必着)とします。
また、申請には、添付頂く書類がありますが、「激甚災害」としての状況を十分に勘案し、基準を緩和し判断いたします。ご相談下さい。

詳しい共済内容については、「ライフ&レジャーガイド」をご参照下さい。 ライフ&レジャーガイドをお持ちでない方は、NCCUまでお問合せ下さい。
ライフ&レジャーガイドは下記からもご覧になれます。
<<ライフ&レジャーガイド>>

※お問合せは、NCCU共済部(フリーダイヤル0120-372-931 平日9時30分~17時)まで
尚、震災以外の共済申請は、通常通り(申請期限90日)です。

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.