トピックス

トピックス一覧をみる

【NCCU震災対策本部発6号】住宅被災の申請には「罹災(被災)証明書」などのご準備を!

2011年4月8日掲載

平成23年4月7日
組合員の皆様へ
日本介護クラフトユニオン
震災対策本部長 二宮 利夫

住宅被災の申請には「罹災(被災)証明書」「被害の写真」「修理の見積り」などのご準備を!(コピー可)

過日(3月30日)に発信しました「NCCU震災対策本部発5号」で、NCCU共済のご案内をさせて頂きました。
通常申請と違い、申請期限90日以内のルールは180日以内の書類提出(NCCU到着)に延長しました。
申請には、必要書類があります。詳細は「ライフ&レジャーガイド」をご確認の上、ご質問やご相談は、NCCU共済部(フリーダイヤル:0120-372-931 平日9時30分~17時)まで連絡下さい。

※特にお問合せの多い住宅被災について、お知らせ致します。
住宅被災の給付対象は組合員が居住する住宅と、単身赴任中の残された家族が居住する住宅です。
(寮や単身者の住居は含みますが、単身者の実家は含みません。塀、物置、倉庫なども給付の対象外です)

<<給付対象の被害内容>>
【全 壊】
新築しなければならない程の被害、家財の70%以上が使用できない状態
※認定基準は被災(罹災)証明書で全壊と認定された場合

【半 壊】
居住面積の20%以上の損壊、家具の20%以上が使用できない状態、床上浸水
※認定基準は被災(罹災)証明書で半壊と認定された場合

【一部損壊(条件付)】
※被災(罹災)証明書で「一部損壊」の場合は、住宅の修理費用が30万円以上かかる場合、家財の被害額が50万円(自己申告)以上の場合

「被災(罹災)証明書」は、最寄りの市町村役場が発行するものです。(火災の場合は消防署)
申請は8月末日までを目途にNCCUへ書類が到着するようにお送り下さい。
また、被災程度が不明確な場合、補助資料として「家屋の修理見積書」「損害家財一覧表」「被災状況の写真」の添付が必要です。ご注意下さい。

ライフ&レジャーガイドは、例年11月~12月に一斉に、また新入組合員の皆さんには都度お送りしています。お持ちでない方は、NCCUまでお問合せ下さい。
ご質問やご相談は、NCCU共済部(フリーダイヤル0120-372-931 平日9時30分~17時)まで、連絡下さい。
尚、震災以外の共済申請は、通常通り(申請期限90日)です。

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.