トピックス詳細

トピックス一覧をみる

東京都議会議員 都民ファーストの会議員と意見交換を行いました(南関東総支部ニュース1号)

2019年10月29日掲載

茜ヶ久保議員より、介護の現場の現状が知りたいとの要望を受け、10月25日(金)にNCCU本部にて東京都議会議員3名(茜ケ久保議員含め)と村上政策部門長、早川総支部長とで意見交換を行いました。

「2018年賃金実態調査」「2019年度就業意識実態調査」「ご利用者・ご家族からのハラスメントに関するアンケート」の内容を説明し、介護現場の実態を理解していただきました。
その中で、ケアマネジャーの賃金逆転現象や定着支援の必要性、介護従事者の人材確保の重要性、介護現場のハラスメント対策、ICTに関する補助制度の周知の問題点について認識していただき、意見交換ができました。
議員からは、東京都として何ができるのか対応を考えたいと力強い発言をいただきました。今後、南関東総支部として「介護に関わる地域課題の抽出、意見集約」を行い、議員との連携を深め問題解決に向けて取り組んでいきます。

皆さんの地域で介護保険制度に関するご意見がありましたら、添付の総支部ニュースにご記入いただき、FAXにてお送りください。

イメージ
イメージ

(左から)茜ケ久保 嘉代子議員(杉並区選挙区)
清水 やすこ議員(西多摩選挙区)
後藤 なみ議員(足立区選挙区)

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.