トピックス詳細

トピックス一覧をみる

北見・網走地区ステップアップ研修会「介護の誇り ~職員のやる気を引き出す実践論~」を開催しました

2017年11月29日掲載

11月26日(日)北見・網走地区ステップアップ研修会を北見市立中央図書館視聴覚室で開催し、組合員29名が参加しました。
研修会では、釧路地区ステップアップ研修会でもご講演していただいた北海道介護福祉道場代表菊地雅洋様を講師にお招きし、「介護の誇り ~職員のやる気を引き出す実践論」について学びました。

「対人援助サービスに従事する責任を明らかにすることで使命感が生まれる」
「70歳の人が生きてきた時代」「介護の常識は世間の非常識?」
「普通の生活という視点に欠ける虐待」「羞恥心に配慮がないことも虐待といえるのではないか」
「平等という名の介護放棄」「介護職員となる動機づけを護らないと、人材は育たないし、定着しない」
「ホスピタリティの基盤となる介護サービスの割れ窓理論」

など、わかりやすく説明をしていただきました。
研修会は終始、和やかな雰囲気で行われ、有意義な研修会となりました。

研修会終了後は会場を「味覚園 銀座店」に移し懇親会を開催しました。
業務を終えてから参加された方々も多く、総勢38名が職場の枠を越えて交流を深めることが出来ました。

研修会のほか、NCCU組合員の交流を深めていただくことを目的にした活動を計画していますので、多くのご参加をお待ちしております!

イメージ
イメージ

(左)講演いただいた北海道介護福祉道場あかい花の菊地代表。
(右)参加した29名の組合員は真剣に研修に取り組みました。

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.