トピックス詳細

トピックス一覧をみる

神戸市で「音楽ヘルパー」と「UAゼンセン共済」をテーマにステップアップ研修会を開催しました

2017年6月22日掲載

近畿総支部にお住いの組合員を対象に、神戸市産業振興センターレセプションルームにおいて、ステップアップ研修会を開催し、42名の組合員の方が参加しました。
研修内容は、2つのテーマ「介護に役立つ音楽療法」「家計の見直しはUAゼンセン共済で」で行いました。

第1部「介護に役立つ音楽療法」は音楽ヘルパーの織畠講師より、誰もが耳慣れた楽曲を使って、高齢者施設、障がい者施設などで音楽療法を行う「音楽ヘルパー」を、参加者全員が実際身体を動かしながら体感しました。

第2部は、UAゼンセン兵庫県支部安樂次長より、お得なUAゼンセン共済を具体的な例を挙げながら、詳しくわかり易く説明して頂きました。
参加した方々は、音楽ヘルパーについては、「明日にも現場で取り入れたい。」と好評。
UAゼンセン共済の説明については、「お得な制度だという事がよくわかった。加入を検討したい」との声が上がっていました。

イメージ
イメージ

実際に体を動かしながら体験する「音楽ヘルパー」の講演。参加した皆さんにも好評でした。

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.